<< 前の広場へ 『おりがみ広場』 ホームへ 次の広場へ >>

伊東万耀(まんよう) 折り紙作品


伊東万耀さんの作品は、ご覧になると分かるように独特の研ぎすまされた造形感覚のもとに創作されています。多くが複数のパーツを組み合わせる複合作品で、場合によっては切り込みを使うこともあります。ある意味で、ペーパークラフト的な要素の強い作品ですが、その造形的完成度には驚くべきものがあります。このような創作折り紙作品には、賛否両論があると思いますし、好き嫌いもあるでしょう。私たちは、これらは複合折り紙を追究した姿としてとても優れた作品だと思っています。これらの作品にめぐり合えた幸せに感謝しています。

ここでは、万耀さんの折り紙創作を紹介するため、独立のページを設けて作品を展示します。ここに掲載した作品が、現在、私たちが折り図の入手可能な作品の全てです。これ以外の万耀作品をご存知の方がいらっしゃったら、是非ともメール掲示板で情報の提供をお願いします。  「おりがみ新世界」の情報を Amazon で見る(現在品切れ)。 季刊「をる」は双樹舎 から購入可能。

* 伊東万耀 (いとう まんよう)[ 1921-1971 ]  美人画で著名な伊東深水画伯の子息で、自身も日本画家。かつて組織されていた日本折り紙作家協会(1969-1973)の会長を務めた。早世されたためと本業の多忙さから、折り紙作品は少数しか残っていない(参考:季刊「をる」(双樹舎刊)No.1 所収の笠原邦彦氏の記事)。
このページの画像だけを手早く見たい人は スライドショー へどうぞ!
をクリックすると、その本の作品がまとめて見られます。 作品・折り紙の本についてのご質問は掲示板でお気軽に!

主題

画像

折り手のひとこと

折り図出典

おしどり

おしどり_折り紙へリンク

正方基本形から。少し難しく2回目で完成。完成直前のステップで雄雌を折り分けることができる。写真は雄。7.5cm四方の紙。

季刊「をる」No.3

カナリア

カナリア_折り紙へリンク

2枚複合作品。少し難しく2回目で完成。胸の部分の段折りで立体感を出すことができ、また色分けも楽しめる。7.5cm四方の紙×2。

おりがみ新世界

鳩_折り紙へリンク

1回目で完成。折り鶴の基本形とカエルの基本形の混合。段折りで立体感を出している。背中の部分が少し厚くなるので紙が傷んでしまった。7.5cm四方の紙。

おりがみ新世界

ニワトリ

ニワトリ_折り紙へリンク

片面だけの折り鶴の基本形から。易しい工程でリアルな形が折り出せる所が特徴。芸術性に溢れた作品。頭部に切り込みを使用。7.5cm四方の紙。

おりがみ新世界

きつね

きつね_折り紙へリンク

1回目で完成。全体として実にユニークな造形。細くしなやかな脚は作者独特の表現。顔の表情が写真ではうまく表現できず、残念。7.5cm四方の紙×2。

おりがみ新世界

犬_折り紙へリンク

作者には珍しく不切一枚折りで、座布団の基本形から。少し難しく2回目で成功。単純化した大きな耳と頭が特徴で、可愛い犬を表現している。15cm四方の紙。

おりがみ新世界

狗(いぬ)

狗_折り紙へリンク

2枚複合作品。易しい作品で1回で完成。頭部は正方基本形、胴体は片側だけの正方基本形。大きな口と単純化した胴体が強烈なイメージを与える。7.5cm四方の紙×2。

おりがみ新世界

犬_折り紙へリンク

3枚複合作品。易しい作品で1回で完成。頭部は風船の基本形、胴体はそれぞれ折り鶴の基本形。頭の形が良く、数ある犬作品の中でお気に入り。糊付けなして組み上がるのも魅力。15cm四方の紙×2と少し小さめの紙から。

おりがみ新世界

犬_折り紙へリンク

4枚の複合作品。頭は風船の基本形、胴体は折り鶴の基本形から。折り方は易しく1回で成功。すばらしい造形センスの作品。7.5cm四方×3と3.75cm四方(口の部分)×1。

おりがみ新世界

キリン

キリン_折り紙へリンク

3枚の複合作品。胴体は風船の基本形。細長い脚や長い首、ユニークな頭部が可愛い作品。彫刻のようでお気に入り。15cm四方×2と小さな紙1枚。

おりがみ新世界


<< 前の広場へ 『おりがみ広場』 ホームへ 次の広場へ >>