<< 前の広場へ 『おりがみ広場』 ホームへ 次の広場へ >>

空想動物の折り紙1


このページの画像だけを手早く見たい人は スライドショー へどうぞ!
をクリックすると、その本の作品がまとめて見られます。 作品・折り紙の本についてのご質問は掲示板でお気軽に!

主題

画像

折り手のひとこと

創作者

折り図出典

ケンタウロス

ケンタウロス_折り紙へリンク

かなり複雑だったが1回目で成功。後ろ脚をつまんで折り出して、立たせる時の強度も出る。細部を単純化しつつ全体のイメージを大切にしている。7.5cm×15cmの用紙。

笠原 邦彦

ジョイ・オブ・オリガミ

キングドラゴン

キングドラゴン_折り紙へリンク

胴体・翼・頭部の3枚(辺の比が8:6:3)複合作品。少し難しく2回目で完成。ボリュームのある後肢の3本爪に迫力がある。頭部も獰猛な怪獣らしい表情をしている。胴体が15cm四方の紙。

木村 良寿

季刊「をる」別冊
折り図集 vol.2

悪魔

悪魔_折り紙へリンク

難しい作品で普通の折り紙用紙では折れなかった。カラペ紙で折ったらすっきりと仕上がった。折り鶴の基本形から悪魔の各要素が無理なく折り出される。羽が背からまっすぐに出る所が見所だろうか?お気に入り。15cm四方のカラペ紙。 

Mario Adrados Netto & J.Anibal Voyer Iniesta

Seres de Ficcion

ドラゴン

ドラゴン_折り紙へリンク

普通の用紙では少し厚くなって破れやすい。立体的な翼とボリュームのある尾が特徴のドラゴンだ。頸の部分が破れ易かったので、テープで補強してある。12.5cm四方の折り紙。 

John Montroll

Mythological Creatures and the Chinese Zodiac in Origami

ゴースト

ゴースト_折り紙へリンク

わりとシンプルな作品。頭巾や垂れ下がった腕がユニーク。引きずったような服がかわいらしい。最後の仕上げて自由にポーズが決められる。7.5cm四方の折り紙。

J.Anibal Voyer Iniesta

Seres de Ficcion

スフィンクス

スフィンクス_折り紙へリンク

外見はシンプルだが折り方はかなり複雑で5回目で完成。顔の立体的な表情は自由がきく。普通の折り紙用紙でしゃがみ込んだ姿をきれいに折り出すのには苦労した。もう少しきれいに折りたかった。

J.Anibal Voyer Iniesta

Seres de Ficcion

ペガサス

ペガサス_折り紙へリンク

正方基本形から四肢や翼がバランスよく折り出されている。少し難しく3回目で完成。ほっそりした脚や斜めに付いた翼の仕上げが難しかったが、すっきりと仕上がったので満足している。

John Montroll

Mythological Creatures and the Chinese Zodiac in Origami

グリフォン

グリフォン_折り紙へリンク

仕上げが特に難しい作品。立体的な翼は上のドラゴンと同じ折り方。紙が厚くなり仕上がりが汚くなったのが残念だが、カッと開いた口が好きな作品。18cm四方の折り紙。

John Montroll

Mythological Creatures and the Chinese Zodiac in Origami

エイリアン

エイリアン_折り紙へリンク

外見はシンプルだが、折り方はわりと難しい。広がった頭や細い腕の形がおもしろい。目だけに裏を出しているところが特徴かな?7.5cm四方の折り紙。

John Montroll

Origami Inside-out

トロル

トロル_折り紙へリンク

この本の中で一番シンプルな作品。風船の基本形からできているわりには、手足も顔もきちんと付いているところがすごい。7.5cm四方の紙から。

J. Anibal Voyer Iniesta 

Seres de Ficcion

ピグモン

ピグモン_折り紙へリンク

明解な折り手順で、正方基本形から折り出されている。横長の顔の表情がユーモラスだ。

木村 良寿

たのしい折り紙全集

ドラゴン

ドラゴン_折り紙へリンク

シンプルな折り方で、凶暴な龍のイメージをよく表現している。両面同色の13cm四方の紙を使った。もっと大きな紙を推奨していたが、いい紙を使ったので、小さくても折れた。

内山 興正

純粋折り紙

般若面

般若面_折り紙へリンク

折鶴の基本形からこの形ができるのはおもしろい。比較的易しい折り方で、リアルな形を作り出している。

河合 豊彰

カラーブックス
おりがみ

ウルトラマン

ウルトラマン_折り紙へリンク

魚の基本形からできており、魚のヒレにあたるところが眼になるという発想の転換がおもしろい。

松尾 貴史

折り顔

鬼_折り紙へリンク

前川淳さんの「悪魔」の基になった作品。5本指と舌がない分だけ難度は低い。でも易しくはない。「悪魔」を折る前段階として役立つ。

前川 淳

ビバ!おりがみ

悪魔

悪魔_折り紙へリンク

折り紙の世界に革命を起こした有名な作品。私に折り紙のおもしろさを教えてくれた最高の作品でもある。15cmの折り紙で折ったらかなり小さくなった。

前川 淳

ビバ!おりがみ

悪魔

悪魔_折り紙へリンク

悪魔完全版。25cmの紙を使ったけれど完璧にはまだ遠い。上の作品に肩の突起がついたバージョン。

前川 淳

ビバ!おりがみ

ラドン

ラドン_折り紙へリンク

見かけよりもシンプルに折れた。翼のツメはつまみ折りで折り出しただけだが、よく形をとらえている。翼と体のバランスもいい。

笹出 晋司

第5回折紙探偵団
コンベンション折図集

烏天狗

烏天狗_折り紙へリンク

2枚複合作品。とても易しく折れた。単純化した形ですっきりしている。傑作だと思う。

川畑 文昭

折り紙 世界の空想動物

烏天狗(後姿)

烏天狗(後姿)_折り紙へリンク

裏から見たところ。裏からの姿も美しい。

同上

同上

日本版ゴジラ

ゴジラ_折り紙へリンク

裏15cmの紙では割とむずかしくて3回目の挑戦で成功した。頸の部分の処理が苦労だったので、少し簡略化させていただいた。一番上の背びれも汚くなってしまった。紙の大きさの限界なのかな。

山梨 雅弘

第4回折紙探偵団
コンベンション折図集


<< 前の広場へ 『おりがみ広場』 ホームへ 次の広場へ >>