<< 前の広場へ 『おりがみ広場』 ホームへ 次の広場へ >>

人物の折り紙


このページの画像だけを手早く見たい人は スライドショー へどうぞ!
をクリックすると、その本の作品がまとめて見られます。 作品・折り紙の本についてのご質問は掲示板でお気軽に!

主題

画像

折り手のひとこと

創作者

折り図出典

ムンクの叫び

叫び_折り紙へリンク

1回目で完成。細長い肢体は蛇腹折りで表現されている。顔の表情がユニーク。口の部分をきちんと折りたかった。12.5cm四方の紙。

木下 剛

季刊「をる」No.15

杖を持った
幽霊修道士

幽霊修道士_折り紙へリンク

少し難しく2回目で成功。折り鶴の基本形から、明解な工程で折り上がる。杖も含めて一枚折り。杖だけ裏面を出しているのがポイント。

Nicolas Terry

折紙探偵団コンベンション折り図集vol.9

マーメイド

マーメイド_折り紙へリンク

同サイズの2枚複合作品。折り方は明解だが、力の入れ具合が少し難しく2回目で完成。泳ぐマーメイドのイメージがよく表されている。違う色の紙で上半身と下半身をきれいに折り分けられる。糊付けなしで固定できる。7.5cm四方の紙2枚。

西川 誠司

季刊「をる」別冊
折り図集 vol.1

馬に乗る人

馬に乗る人_折り紙へリンク

座布団折の基本形から、馬と人を折り出している。15cmの紙からはかなり小さくなるが、人間の帽子の表現もできている。少し厚くなるので、普通の紙では破れやすいのが難しかった。

John Montroll

Bringing Origami
to Life

おそうじブラザーズ

おそうじブラザーズ_折り紙へリンク

消しゴムを入れると使える実用折り紙。折り上がると顔を自由に描きこめるところがおもしろい。折り方はシンプルな作品。8.3cm×25cmの長方形から。

木村 良寿

季刊「をる」別冊
折り図集vol.1

リュートを弾く
エンジェル

リュートを弾くエンジェル_折り紙へリンク

川畑さんの類似名の作品とは違った視点で作られている。こちらは子どものエンジェル。折り方は明解だけれど、リュート部分がかなり厚くなるので薄い紙で折った方がすっきり仕上がったかもしれない。

島本 範

月刊おりがみ No.334

SMILE !

smile!_折り紙へリンク

16等分の折筋を基本にして折る。15cmの折り紙では難しく4回目で成功。特に唇の曲線部分が難しかった。口の両端を指で押さえると口がパクパクして遊べる。実際に自分で口に咥えても面白い顔になるユーモア作品。

堀口 昌哉

季刊「をる」vol.7

子どもは風の子

子どもは風の子_折り紙へリンク

下の「げんきな子ども」とほとんど同じ折り方。難しいのは頭の押しつぶし折りのところだけ。裏面利用で「襟巻き」を折り出している。12.5cm四方の用紙から。

吉澤 章

折り紙博物誌U

小人

小人_折り紙へリンク

作者得意のジャバラ折りで、細い手足を折り出し、また指も折り出している。これは座っている姿だが、しゃがんだりギターを弾くポーズなども可能。

津田 良夫

季刊「をる」別冊
折り図集vol.2

仏面

仏面_折り紙へリンク

作者にしては珍しい面の作品。布施さんの面とは違った折り方である。頭頂部の立体表現が難しかったので、形をきめるため糊付けした。15cm四方のカラペ紙を使ったが両面同色の紙ならよい。

西川 誠司

季刊「をる」別冊
折り図集vol.2

甲冑の騎士

甲冑の騎士_折り紙へリンク

風船の基本形からできていて頭部が厚くなるので破れ易い。銀紙を使って折ってみたが、やはり少し破れてしまった。折り手順は明解な作品。甲冑の硬質感がよく出ている。

Mario Adrados Netto

Seres de Ficcion

kao_折り紙へリンク

顔の表情の付け方が難しくて何回も挑戦した。目の表情、鼻の形の整え方など難しかった。僕がつけた愛称は「フランケン」。7.5cm四方の用紙から。

桃谷 好英

おりがみ
バラエティー

サンタ

サンタ_折り紙へリンク

とてもシンプルで明解な手順の作品だが、裏表を使ってサンタの顔や袋を折り出す。おまけとして、袋には物が入れられる。ユーモア溢れる作品。12.5cm四方の用紙。

西川 誠司

折紙探偵団64号

村の子ども

村の子ども_折り紙へリンク

下の作品ととてもよく似ているが折り方は全く異なる。こちらの方がほっそりした姿で、ちゃんちゃんこも表現されている。頭部のつぶし折り以外に難しいところは無い。

大橋 皓也

創作おりがみ

げんきな子ども

げんきな子ども_折り紙へリンク

難しいのは頭部のつぶし折りのところだけ。本では顔をふっくらさせているが、写真は平面的な顔にして悪戯っぽくアレンジした。

吉澤 章

折り紙博物誌U

すもう

すもう_折り紙へリンク

特に難しい折り方はないが、紙が少し厚くなる部分があり普通の用紙では破れ易い。手足の表情は自由がきく。ユーモラスな作品。(折り手:yoshi)

吉澤 章

折り紙博物誌U

おしゃべりな顔

おしゃべりな顔_折り紙へリンク

目や鼻の折り出しや、動く口が易しい折り方で折り出されている。7.5cm四方の用紙から。

吉澤 章

折り紙博物誌U

スキーヤー

スキーヤー_折り紙へリンク

姿からは想像しにくいが、1枚折りである。難度が高く、3回目の挑戦で完成。ひざとスキー板の部分が破れやすかった。

Robert Harbin

たのしい
おりがみワールド

オートバイライダー

オートバイライダー_折り紙へリンク

オートバイとライダーをそれぞれ1枚ずつで折る、2枚複合作品。今にも走り出しそうなスピード感が好きなところ。お気に入り。

内山 興正 

純粋おりがみ 

剣闘士

剣闘士_折り紙へリンク

人物・盾・剣を別の紙で折る3枚複合作品。人物は見かけはシンプルだが、特に脚を開いたところなどがかなり難しい。

笠原 邦彦

おりがみ新世界


<< 前の広場へ 『おりがみ広場』 ホームへ 次の広場へ >>