<< 前の広場へ 『おりがみ広場』 ホームへ 次の広場へ >>

布施知子『面』の折り紙


布施知子著『布施知子折り紙作品集 面=The Mask』(おりがみはうす刊)の中の作品を折ってみました。本格的な面の作品です。ここで使ったクレープ紙は100円ショップで購入した包装紙です。この本は こちら で購入できます。 布施知子作品をamazonで見る

このページの画像だけを手早く見たい人は スライドショー へどうぞ!
をクリックすると、その本の作品がまとめて見られます。 作品・折り紙の本についてのご質問は掲示板でお気軽に!

主題

画像

折り手のひとこと

生成(なまなり)

生成(なまなり)_折り紙へリンク

能面。折り鶴の基本形より。口の中に裏が出るので、裏の赤い紙を使用。この本の中では中程度の難しさで、かなり厚くなる。一部糊付け。30cm×30cmクレープ包装紙。(by 折り彦)

大べし見(おおべしみ)

大べし見(おおべしみ)_折り紙へリンク

能面。折り鶴の基本形より。口をぐっと結んだユーモラスな顔。目も鼻も口も大きい特徴のある表情だ。お気に入り。一部糊付け。30cm×30cm和紙。(by 折り彦)

女の面

女の面_折り紙へリンク

能面。魚の基本形より。女面の総合イメージを表現したものだそうだ。本の写真はもっと面長。大きな特徴がないぶん、表情をつけるのが難しかった。一部糊付け。30cm×30cmクレープ包装紙。(by yoshi)

しかみ

しかみ_折り紙へリンク

能面。途中までの折り鶴の基本形より。牙をむき出して顔をしかめた表情。本の解説に従って口元をつり上げてみた。一部糊付け。30cm×30cmクレープ包装紙。(by yoshi)

治道(ちどう)

治道(ちどう)_折り紙へリンク

伎楽面。折り鶴の基本形より。耳・目・鼻・口すべてが大きい日本人離れした表情。本の写真は頭部がもっと大きい。一部糊付け。30cm×30cmクレープ包装紙。(by 折り彦)

うそぶき

うそぶき_折り紙へリンク

狂言面。おどおどした中に滑稽さを含んだ表情。もっと口をつぼめた表情の方がよかったのだろうが、これが精一杯だった。本の中では習作との位置づけ。一部糊付け。30cm×30cm和紙。(by yoshi)

痩男(やせおとこ)

痩男(やせおとこ)_折り紙へリンク

能面。魚の基本形より。地獄の責め苦にやつれ果てた幽霊の姿らしい。直線的な造型が気に入っている。それほど難しいところは無く、大きく仕上がる。一部糊付け。30cm×30cmクレープ包装紙。(by yoshi)

胡徳楽(ことくらく)

胡徳楽(ことくらく)_折り紙へリンク

舞楽面。魚の基本形より。長い鼻がとても特徴的な、一度見たら忘れられない顔。立体的な鼻の折り出しが一番苦労した。一部糊付け。30cm×30cmクレープ包装紙。(by 折り彦)

太孤児(たいこじ)

太孤児(たいこじ)_折り紙へリンク

伎楽面。無邪気に笑った童顔ということだが、私のはとてもそうは見えない。全体が平板になってしまったのも反省点。作者は習作と位置づけている。むずかしくない。。一部糊付け。30cm×30cmクレープ包装紙。(by yoshi)

抜頭(ばとう)

抜頭(ばとう)_折り紙へリンク

舞楽面。この本の中では折り易い作品。折り鶴の基本形より。髪を大胆に単純化している。本に掲載の写真ではもっと面長。堅い紙質で直線的に仕上げてある。私のは柔らかい紙で曲線的。形をきめるため一部糊付けした。30cm×30cm和紙。(by yoshi)

輿かき(こしかき)

輿かき(こしかき)_折り紙へリンク

行道面。折り鶴の基本形より。大きな耳と冠が特徴。口を沈め折りで作るところ以外は難しくない。一部糊付け。30cm×30cmクレープ包装紙。(by yoshi)


<< 前の広場へ 『おりがみ広場』 ホームへ 次の広場へ >>