<< 前の広場へ 『おりがみ広場』 ホームへ 次の広場へ >>

恐竜の折り紙2


このページの画像だけを手早く見たい人は スライドショー へどうぞ!
をクリックすると、その本の作品がまとめて見られます。 作品・折り紙の本についてのご質問は掲示板でお気軽に!

主題

画像

折り手のひとこと

創作者

折り図出典

ティラノサウルス
(頭骨)

ティラノサウルス(頭骨)_折り紙へリンク

この本の中で一番複雑で折り応えのある作品。4個のパーツから成る複合作品だが、徹底的に考えられており糊付け無しで組み上がる。個々のパーツもかなり複雑だし、組み上げ方もパズルのようだ。用紙は15cm四方のクラフト紙。

川畑 文昭

恐竜のおりがみ3

キュネオサウルス

キュネオサウルス_折り紙へリンク

初めの工程で一箇所沈め折りがある以外、折り方は特に難所は無い。横に広がった皮膜や後肢が滑空している姿をよく表している。和紙包装紙を30cm四方に切り出した。

川畑 文昭

恐竜のおりがみ3

アノマロカリス

アノマロカリス_折り紙へリンク

尾部の段折り・立体化はあるものの、見かけよりもシンプルな工程。シンプルに表現された触手が古代生物らしい。和紙包装紙を30cm四方に切り出した。

川畑 文昭

恐竜のおりがみ3

ギガノトサウルス

ギガノトサウルス_折り紙へリンク

実は前のページにも同じ作品があるが、不満足なできだったので再挑戦した。大きな紙を使ったので折り易かったし、和紙の質感がうまくマッチしたと思う。和紙包装紙を30cm四方に切り出し。

川畑 文昭

恐竜のおりがみ3

カルノタウロス

カルノタウロス_折り紙へリンク

15cm四方イロガミ2枚の複合作品。体の立体的な表現に生命感がある。2本の角をシンプルに表現している。後ろ姿もいいので、写真を示してみた。

川畑 文昭

恐竜のおりがみ3

メトリオリンクス

メトリオリンクス_折り紙へリンク

1回だけつぶし折りがあるが特に難しい工程はない。鱗の感じを出したくて、クレープ包装紙を30cm四方に切り出したが、厚みが増してしまい、形を決めるのがやっかいだった。

川畑 文昭

恐竜のおりがみ3

マンモス

マンモス_折り紙へリンク

15cm四方イロガミ2枚の複合作品。立体感のある頭頂部の造形が独特で、みごとにマンモスの特徴をとらえている。1工程加えて、牙を細く折ってみた。重量感のある傑作。

川畑 文昭

恐竜のおりがみ2

ノトサウルス

ノトサウルス_折り紙へリンク

四肢のベースをジャバラ折りで作ることで、指を折り出している。かなり難しく3回目で完成。指を折り図よりも簡略化してみた。12.5cm四方の紙。

津田 良夫

創作折り紙をつくる

プレシオサウルス

プレシオサウルス_折り紙へリンク

変則的な基本形から。基礎折りが展開図折りなのでかなり難しく、3回目で完成。シンプルなデザインに、スリムな前脚・首が美しい。12.5cm四方の紙。

前川 淳

おりがみ新世界

イクチオサウルス

イクチオサウルス_折り紙へリンク

風船の基本形から。細長い口と斜めに伸びたヒレが魚竜らしい。折り方は明快だが厚くなる部分があるので、15cm四方の紙では限界だと思う。背ビレ・尾ビレがかわいい。

川畑 文昭

恐竜のおりがみ1

ディメトロドン

ディメトロドン_折り紙へリンク

全体的にシンプルだが、背ビレの折り出し方が独特で、16等分の折りすじを利用し、高く伸びた姿をみごとに表現している。

川畑 文昭

恐竜のおりがみ1

トリケラトプス

トリケラトプス_折り紙へリンク

かなり難しかったが1回で完成した。全体的にシンプルに仕上げつつ、頭部の3本の角と短い四肢の特徴をうまく出している。

川畑 文昭

恐竜のおりがみ1

プレシオサウルス

プレシオサウルス_折り紙へリンク

15cmのイロガミでは折れず、18cmにかえて完成した。細長い首と小さな頭部、ひれ状の四肢がうまく表現されている。凶暴そうな表情もいい。

川畑 文昭

恐竜のおりがみ1

イクチオステガ

イクチオステガ_折り紙へリンク

明快な折り手順で、1回で完成。背中の沈め折りが一番の難所だと思う。表情と全体のバランスがとてもかわいい作品。

川畑 文昭

恐竜のおりがみ1

ドロメオサウルス

ドロメオサウルス_折り紙へリンク

1回で完成したが、かなり難しかった。スリムな四肢や細長い尾など、敏捷な恐竜の特徴をよくとらえている。

川畑 文昭

恐竜のおりがみ1

アパトサウルス

アパトサウルス_折り紙へリンク

この本の中ではシンプルな作品。3つ上のプレシオサウルスと同じ基本形から。太い尾や四肢、首の根元の重量感がこの巨大な恐竜らしさを出している。

川畑 文昭

恐竜のおりがみ1

オルニトミムス

オルニトミムス_折り紙へリンク

少し複雑だったが折り易く1回で完成。細長い尾とピンと立った後肢と頭部がリアルで恰好いい。後肢と尾の折り方が独特。

川畑 文昭

恐竜のおりがみ1

ステゴサウルス

ステゴサウルス_折り紙へリンク

2枚複合作品なので見かけは複雑だが、折り易い。シンプルに表現したボリュームのある背ビレと尾がすばらしい。

川畑 文昭

恐竜のおりがみ1

スピノサウルス

スピノサウルス_折り紙へリンク

全体がシンプルに表現してあり1回で完成。背ビレの沈め折りが少し難しい。大きな頭部と後脚が肉食恐竜の特徴をよく表現している。

川畑 文昭

恐竜のおりがみ1

パラサウロロフス

パラサウロロフス_折り紙へリンク

かなり難しい作品だった。18cm四方の紙を使って1回で完成させた。首の立体感と頭部の折り方がユニークだった。ずんぐりとした後肢も独特だ。

川畑 文昭

恐竜のおりがみ1


<< 前の広場へ 『おりがみ広場』 ホームへ 次の広場へ >>