<< 前の広場へ 『おりがみ広場』 ホームへ 次の広場へ >>

動物の折り紙3


このページの画像だけを手早く見たい人は スライドショー へどうぞ!
をクリックすると、その本の作品がまとめて見られます。 作品・折り紙の本についてのご質問は掲示板でお気軽に!

主題

画像

折り手のひとこと

創作者

折り図出典

きじ

きじ_折り紙へリンク

頭の部分の表現で、口ばしを段折りにするのではなく、単につまみ折りで仕上げるところがおもしろい。長い尾や頭部の羽飾りなどの特徴もよくとらえている。12.5cm四方の紙。 

John Montroll

North American Animals in Origami

犬_折り紙へリンク

頭部のバランスなどは「ぐらい折り」で出来ていて、丁度いい形に仕上げるのが難しい。この写真は、脚の仕上げが汚くなってしまった。12.5cm四方の紙。 

吉澤 章

折り紙読本2

カワセミ

カワセミ_折り紙へリンク

脚は一枚の角でシンプルに表現されているが、口ばしや頸はかなり難しい。羽のふっくらした造形は見事。カワセミらしさが出た傑作。7.5cm四方の紙。

青木 良

月刊おりがみ 333号

孔雀

孔雀_折り紙へリンク

長方形の紙から豪華な飾り羽をはじめ、頭部や脚も折り出している。かなり20年以上前に創作された作品だが、傑作。背部の飾り羽は中央で糊付けした。7.5cm×15cmの紙。 

笠原 邦彦

超難解マニア向き作品集

象_折り紙へリンク

明解な折り手順で、鼻・牙・耳・四肢が折り出されている。この本の中では難度が高い。折り込みが多いので、大きな紙が適する。写真は15cm四方の紙から。 

笠原 邦彦

ユニット折り紙と
やさしい作品集

くま

くま_折り紙へリンク

折り手順は明解。折り上がったときの立体感が見事。脚の長さや頭部の大きさのバランスがいい。12.5cm四方の紙。 

John Montroll

Bringing Origami to Life

象_折り紙へリンク

らせん折りを耳の表現に使った珍しい作品。直線的な頭部や牙との調和がいい。牙に白い裏面が見えるところも好き。2回目で成功。(by yoshi) 

布施 知子

折り紙スパイラル

白クマ

白クマ_折り紙へリンク

立っている方は半開折りが使われている。座っている姿も少しのアレンジで出来る。頭部の立体感や表情がすばらしい。両方とも12.5cm四方の紙から。 

笠原 邦彦

笠原邦彦の
ハッピーおりがみ

たぬき

たぬき_折り紙へリンク

長方形2枚の複合作品。とても難しく5回目でようやく成功。特に最初の折り筋付けの工程が難しかった。腹部が引き出されて物入れになるというユーモア作品。顔もかわいらしい。4.5cm×18cmの紙を2枚。 

木村 良寿

折紙探偵団コンベンション折り図集 vol.2

トラ

トラ_折り紙へリンク

この本の中では難度が高い。特に頭部や背中の表情のつけ方などに苦労した。半開折りでデフォルメされたトラの姿を見事に表現している。12.5cm四方の紙から。 

笠原 邦彦

笠原邦彦の
ハッピーおりがみ

トラ

トラ_折り紙へリンク

座布団折りの基本形から動物を折るのは珍しい。かなり厚くなるし姿もリアルではないが、折り紙らしい姿がどことなく味のある作品。(by yoshi) 

大橋 皓也

創作おりがみ

トラ

トラ_折り紙へリンク

難しい折り方はどこにもなく、すっきりと四肢が折り出される。虎の凶暴なイメージがお気に入り。かなり厚くなる部分があり、お尻部分が破れてしまった。7.5cm四方の紙から。 

内山 興正

純粋折り紙

犬小屋の中の犬

犬小屋の中の犬_折り紙へリンク

一枚の紙の裏表を使って犬と犬小屋の両方折り出すというおもしろい作品。かなり難しく3回目で成功。頭部の大きさを変えることで小型犬にも大型犬にもなる。犬小屋の部分には糊付けした。 

Stephen Weiss

Origami Zoo

きつね

きつね_折り紙へリンク

普通の折り紙用紙では頸の部分が厚くなり破れやすい。尾や四肢が少し変わった折り方で出来ていて、ユニークな表情のキツネになっている。Montrollさん初期の傑作。 

John Montroll

Animal Origami for the Enthusiast

ねずみ

ねずみ_折り紙へリンク

魚の基本形から。ひれ部分が耳になるところが珍しい(ひれは動物作品では脚になることが多い)。ころっとした体型や細長い尾がうまく折り出されている。中級の難度。12.5cm四方の紙。

John Montroll

North American Animals in Origami

ペンギン

ペンギン_折り紙へリンク

長方形の紙からシンプルな折り方で出来ている。頭部が少し厚くなる分、口ばしの形が決まる。氷の上に立つ姿がうまく表現されている。15cmの紙をドル札比率に切った紙。 

John Montroll

Dollar Bill Animals in Origami

ラクーン

ラクーン_折り紙へリンク

尾の模様や顔が裏面を使って折り出されている。アライグマの可愛さがうまく表現されたinside-outの傑作。かなり難しく、写真では顔に少し破れが出てしまった。 

John Montroll

Origami Inside-out

りす

りす_折り紙へリンク

かなり難しく3回目で成功。全体的にはシンプルながら、立体感のある尾が見事な作品。物をつかんで食べているようなおもしろい姿だ。7.5cm四方の紙。 

Stephen Weiss

Origami Zoo

ロビン

ロビン_折り紙へリンク

正方基本形から。折り手順は少し複雑で3回目で成功。斜めの羽によって留まる姿がよく表現されていて恰好いい。お気に入り。 

John Motroll

Animal Origami for the Enthusiast

セイウチ

セイウチ_折り紙へリンク

易しい作品で1回目で成功。観音基本形からシンプルな手順でリアルな形を表現する工夫がすばらしい。Montrollさん自身のお気に入りらしい。12.5cm四方の紙。 

John Montroll

Favorite Animals in Origami


Amazon で見る

  動物の折り紙(和書)  動物の折り紙(洋書)   吉澤章作品  布施知子作品  Montroll 作品

<< 前の広場へ 『おりがみ広場』 ホームへ 次の広場へ >>